読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

windows標準コマンドプロンプトで.cファイルをコンパイルなどする云々~vs2015~

備忘録です。もう「なんでcl使えないの~~~」ってならないための。

<前提>

・自分の環境はVs2015(他では試してません)

 

1.VS2015で新規プロジェクト選択

2.『Visual C++』を選択

  ーここでインストールされていない場合

  『install 云々』と書いてあるので選択しインストール

(完了するとこの時点で『開発者コマンド プロンプト for VS2015』にて

 clコマンドが使えるようになっているはずです。)

3.ProgramFile(x86)
     [\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\bin]

をシステム環境変数の『Path』に追加する

4.コマンドプロンプトを起動し、『cl』と打つと

 『使い方~』と表示される。

 

これで使えるはず。これで環境整える時点で投げ出すことはなくなるだろう。

これだけじゃ不便なので作業フォルダ変えるなりなんなり。

 

==終わり==

 

 

(追記)

環境が整ったあと、いざコンパイルしようとして

 『~~インクルードパスが設定されていません』

とかって出てしまった件についてはどうにかしてからのお話...